※この記事は2014.09.30に作成された記事です。

数々の名シェフを生み出し、川端康成といった文豪を虜にした
フランス菓子の老舗、東京カド駒込本店。
そんな伝統あるカドご出身の田中シェフが稲城大橋のたもとにオープンした
パティスリー 「ペインズウィック(Painswick )」へ立ち寄りました。


bf9621906b368b8944ab202f342d6941.jpg

ヨーロッパの邸宅を思わせる外観、
窓辺の棚いっぱいにフェーブが飾られたインテリア。
まるで お菓子の博物館みたい♪



47a55da0d6ebff891e5f1fed1acf6f66.jpg

なんて可憐なケーキなのかしら。

カド仕込みの「バタークリームケーキ」は、
薔薇の美しさ、口溶け、ビスキュイジョコンドとの相性も全てパーフェクト!

今や人気商品となったバタークリームケーキとサバランは、
お客さんのリクエストがあって生み出されたそう。
こうして意見を取り入れてくれるのは、嬉しいですよね。


241a0010f6e768be584ae8e8d32b2d86.jpg

苺シロップをビスキュイにうち、
フレッシュ苺の風味を鮮やかに際立たせた
ジューシーな「ショートケーキ」など、
厳選素材を惜しみなく使用した匠のケーキにウットリ(≧∇≦)

駅から遠かったので訪問が遅れましたが、
これから何度も通ってしまいそうです♪

このスポットの情報
スポット名 ペインズウィック(Painswick )
連絡先 042-377-3999
住所 東京都稲城市東長沼1610
定休日 水曜日
営業時間 10:00~19:00