※この記事は2014.09.14に作成された記事です。

暑い夏が苦手な私。ずっと行かなければと思っていたお店に、ようやく行ける気候になってきました。
秋晴れの昨日、散歩がてらご近所を歩いて、京王多摩川駅近くのスリランカ・カレーのお店『風舎』さんへランチを食べに行ってみました。
このお店は今年オープンしたそうで、女性オーナーがお一人でやられているようです。

0c3169532bda8ea3f1a2117adebf1407.jpg

お店の前には緑の寄せ植えとテラス席があり、ちょこっと休憩するのによさそうな雰囲気です。
外から見ると一見雑貨屋さん風に見えるのは、入口横のスペースにスリランカの方たちが作った
フェアトレードの小物などが置かれているからかも知れません。
スリランカの紅茶やコーヒーなども扱っていたので、ローズティーを買って帰りました。

28539f7a71da56e44e6bd3dd24ae6bb4.jpg

さて、ランチタイムのメニューで、カレーはその日によって違う種類が用意されているようです。
この日はカシューナッツ、レンズ豆、チキン、ビーフの4種から選べました。
2種のカレーを選べるAセットがあったので、1種目は全く想像がつかないカシューナッツにしてみました。そして、もう1種はどれが合うのか聞いてみると、少しスパイシーなチキンと相性が良いという事で、チキンをお願いしました。出てきたAセット(980円)は、サラダとカレーのプレート、カレーもう1種で出てきました。それから食後にはミルクティもついています。

aab27673592bfe98b69f9814ee42d3a8.jpg

カレーのプレートにはココナッツのふりかけのようなもの(ポルサンボール)と薄い煎餅のようなもの(パパダン)が添えられていました。ご飯に混ぜながら好きなように食べて良いようです。
はじめはそれぞれ別々に少しずつ食べてみて、後で混ぜて食べたりしてみましたよ。
カシューナッツのカレーというのはこんなにもゴロゴロとナッツが入っていたのには驚きました!
煮て少し柔らかくなっていましたが、カレーと合わさってまろやかな味になっています。
そしてもう1種のチキンカレーと食べてみると、毛穴が全開したかのように汗がジワ~っと吹き出しました。色々なスパイスが混ざっていると思われ、とってもスパイシー。でも辛さはスッと引いてしまうので、もう一口、もう一口と手が止まらなくなってしまいました。
どちらのカレーもスープカレーのようにサラサラしているので、ご飯にふりかけ、ダシをかけて食べるような感覚で、日本で言うところのお茶漬けのような感じもする面白いカレーでした。
きっと、スパイスの配合がとても難しいのだろうなぁ~と思いながら、私にとっては心地よい優しい塩気がとても気に入りました。

b9f67d434204e8a7522ad533eabd5f1b.jpg

食後のタイミングに合わせて、丁寧に入れているミルクティ。この日は爽やかでも日差しが強かったのでアイスでお願いしました。どうしたらこんな味が出せるのだろう?という美味な1杯。
店内の他のお客さんとオーナーの会話が弾んでいる様子を眺めながら、味わいました。

47a1e302b7a771d41af09091080c4635.jpg

ひとりの女性客が店内のスピーカーについて色々説明を受けていたので、私も気になって途中で近づいて見に行ってしまいました。これはオーナーのご主人の会社で作っている製品なのだそうです。
8角形になっていて、この1台で部屋全てに音が行きわたるように設計されているのだとか。
スポーツジムのスタジオやお店などに設置しているそうです。
どうやらこのお店はスピーカーのショールームも兼ねて、音を体感できるようになっているようです。
心地よい音楽とスリランカ・カレーに絶品紅茶を楽しめる、珍しいカフェでした。

d21d29cb8422d76154568619c0c1c027.jpg

私も少しオーナーとお話しさせて頂いたのですがとても話しやすく、来るお客さんそれぞれと自然と会話が弾んでいる様子でした。スパイスやハーブにとっても詳しそうなので、気分や体調によってどんなメニューを選んだら良いのか相談にのってもらえそうだと思ってしまいました。自宅では食べられない感じのカレーは他の種類も気になるので、また足を運びたいお店になりました。

「あいぼりー85号連動企画:個性派カレー」

写真・文 yuralink

このスポットの情報
スポット名 風舎
連絡先 042-490-6736
住所 調布市多摩川5-17-1
定休日 日曜・月曜・火曜・10日・月末
営業時間 10:30~17:00