「京王栽培研究所」ってご存知ですか?

京王電鉄の研究開発用植物工場なんです。


df9d65a49f57b754924528c6035ce2ab.jpg

人工光と太陽光を活用した2種類の植物工場があり敷地面積は372平米ほど。
2012年4月から稼働しています。

それがどこにあるのか~!?
というと、なんと京王線の線路のすぐ脇、どころか駅の隣なんです!


4698724011e50bd5b4803e9a37b1982d.jpg

狭間駅の改札を出て左側、高尾山口方面の線路の脇。
ホームからもよ~く見えます。

写真手前が太陽光、奥が人工光の工場ですね。
人工光の工場では光源にLEDや蛍光灯を使っているのだそうです。
こちらでは、レタスなどの葉菜類の収穫量んを増やす研究を。
太陽光の工場では高品質のトマトや苺を栽培しているのだそうです。



2bbb147c9b4bf46aecfb2c7c227f3516.jpg

人工光のほうは中は見えなくて、本当にここで植物を育てているのかな?
という感じですが



cb1c84abaea6efa1f33e4f5aac881938.jpg

ガラスハウスのほうは中が見えます~。

これはトマトですね。

この「京王栽培研究所」で2014年度末まで研究が行われ、
その後本工場を建設。

近い将来京王の野菜や果物が店頭に並ぶんですね。

楽しみです

このスポットの情報
スポット名 京王栽培研究所
住所 八王子市東浅川町708-5 他