世田谷区は、和菓子の美味しいお店が多いです。

街おこしに、いろんなイベントが企画されていますね。

代田橋から甲州街道に向かう道沿いにある「立花家」さんは

私にとっては、関所のようなもの。

d87e053e586592658449f78c97b73273.jpg

店頭のガラスに貼られている、和菓子の名前が

どうしても行き過ぎることのできない魅力。

ff992a0bf635e1ff5b927fe30aa5f316.jpg

今回、やっとご自慢の”麩まんじゅう”をいただくことができました。

青々とした笹の葉にくるまれ

この凛とした姿!

99c884b6df942234f6c10e712b51b68c.jpg

包を開けると、笹の香りがして

その次に青のりの磯の香りです。

647d370c92ef030ad0dd4b5bee5a0e9e.jpg

生麩を使った麩まんじゅうは、ふわふわなのにもちっとしている。

不思議な食感ですね。

立花家さんのこし餡は上品な味で、涼し気な風を運んでくれます。

0e7edf5e972cdac62ccb24b650fb545b.jpg

たまたま、宮部みゆきの「日暮らし」を読んでいたら

麩まんじゅうが出てきました。

江戸時代にも人気の和菓子。

冷蔵庫のない時代は、水で冷やして食べたものなんですね。

とろりとした舌触りで、ほんのり甘いお菓子。

このスポットの情報
スポット名 立花家
連絡先 03-3321-4753
住所 世田谷区大原2-27-31