※この記事は2014.05.27に作成された記事です。

京王百草園も5月に入ってだんだんと緑が濃くなってきました。

これは園内の心字池の様子。d7dad1fb1ce041f65cc47f2395ef0024.jpgここから見る心字池は山奥の深い緑に囲まれたように見えるので、私のお気に入りの場所です。

5月後半の園内で目立つのはまずはアヤメ科の花たち。f23b6be1489042d1c40319e919552b48.jpgアヤメ科には見分けが付きづらいいろいろな品種がありますが、これは本家のアヤメ(文目)。
04428b29db417f067c7e6e88536315b9.jpgそしてこれはイチハツ(一初)。アヤメ科の花の中ではかなり早くから咲く品種です。
上のアヤメもイチハツも竹垣がお似合いの和の風情が漂う花ですが、こちらは洋風のジャーマンアイリス。de846e604d610f03436b2659e9eaccba.jpgアヤメ科の花は湿地を好むようなイメージがありますが、この3つの花とも、乾いた土を好む品種です。
心字池の回りに咲く、キショウブ(黄菖蒲)。f5de998671969a117914bfb0fe182c77.jpgこのキショウブやハナショウブ(花菖蒲)、カキツバタ(杜若)は、湿地を好む品種です。アヤメ科の花が湿地を好むようなイメージを持つのは、湿地や池の回りに咲くキショウブやハナショウブのイメージが強いからかもしれません。

7e66c6fbea69bbb8bb86cddca890465a.jpg心字池のそば咲く、ガマズミ、スイカズラ科。この時期に白い花を咲かせますが、秋には赤い実をつけます。

ad853fbeded0cf48ddc443881a4ff1b2.jpg仲良く並んで泳ぐカモ。ずっと離れずに泳ぐ姿を見ているとなんだか微笑ましくなります。

この花はカルミア、ツツジ科。北アメリカ原産で別名がアメリカ石楠花。dde44725abb0e35f4b47c3a1e5229fa0.jpg花の形も変わっていますが、ツボミがコンペイトウのような形をしていてかわいいです。

これは、タツナミソウ(立浪草)、シソ科。c422f7808a2da3f59e35b5b22d1f5dd0.jpg花の姿が波立っているように見えることからついた名前だそうです。


これはアヤメ科の花でニワゼキショウ(庭石菖)、南京文目という別名があります。c286c47edef59bfef010494fdbe908bb.jpg
少しムラサキカタバミやイモカタバミに似ていますが、中央部分が黄色いことが大きな違いです。

9c4dc6984df81fa869127d6a92c1bda6.jpg木漏れ日の中、たくさんの梅の実が落ちています。梅の名所、京王百草園ならではの光景かもしれません。

この時期の京王百草園は訪れる人も少なく静寂そのもの。ホッと一息つきたくなったら是非訪れてみてください。

このスポットの情報
スポット名 京王百草園
連絡先 TEL 042-591-3478
住所 東京都日野市百草560
定休日 定休日 水曜日 (祝日の場合は翌日、 年末年始12 月30 日~ 1 月3 日)
営業時間 午前9:00 ~午後5:00(11 月・12 月は午後4 :30 まで)