※この記事は2014.05.25に作成された記事です。


代々木八幡「金魚祭り」に行きました。
午前中の御神輿を見ました。楽しかったです。

e30486ed3c3d85d1f65689321dac0bd2.jpg


ビルと並んで、こんもりとした山が鎮守の森になっています。
目の前は山手通りです。

0aa17e190e1f0c0213c338e67f7ab117.jpg

階段を登ると参道が狭いので既に大混雑。境内に到着すると、
ちょうどこのお祭りのメインイベント
「金魚の御神輿(おみこし)」が出発するところでした。

e42d6e7073b8a62430cb55785ecd094c.jpg


11:00〜、13:00〜、15:00〜の3回
小高い山の森の中の道を一周して参道を通って境内にもどってくるんです。

7cbf7b11cc6ba093259b99f427e17777.jpg


出発後、「金魚の御神輿」はたくさんの人に囲まれます。
御神輿といっしょに、皆大移動するのです。

68a2b73ebc4502bf4c29913594c532f5.jpg

白いマル(○)の中が「金魚の御神輿」です。遠くにチラっと見えてます。

9c2c4b48830c6ff99613893e8dcff0ef.jpg

参道の階段で神輿が持ち上げられると歓声とともに尻尾が見えました。

23d23afba6a602f438c0d9e130438a67.jpg

「ワッショイ」などの掛け声はないのですが、歓声の中を進んでいきます。その姿が可愛いです。

d6f14cee1e5b148303b4a606ec02ce7a.jpg

参道を登る人と、神輿を追ってきた人でいっぱいです。

57dfd7a957334e7367be7abebbb5a376.jpg

御神輿、(ほぼ見えませんが)もうすぐ境内です。

e877ef842a73035e65f0dd7d1cbf04ee.jpg

境内に着くと神主さんに出迎えられ、午後の出発まで社の脇で鎮座されてました。

029664f3d0f566c50e0189f17c2aba83.jpg


金魚神輿の頭の部分のカタチですが、
お祭りで人気の境内で売っている「金魚の提灯」と同じです。


6a4b2941cfac42f6c3c8a4aec3c2dbcd.jpg

縁起物として買って帰るようです。

d32cfbce238533cbf81130a1954d4e36.jpg

お賽銭を入れてお参りもしました、そして境内では、

64547107b9908bdf62f0be96077cc9f1.jpg

こちらのお祭り、代々木5丁目会、4丁目会など、
地元の町内会でお店を出しているので、出店の食べ物が安いんですよ。


7467ae64d08083b3e8cc16b5d9b5d9e4.jpg

わたあめが50円や100円

2e5bcc8953683b08194faa32ab012347.jpg



372e41900430f4404f162fb543835d2b.jpg



4d9faf2ff0db3af50f0c1e15ca82b065.jpg


↑日本酒の冷酒が1杯100円。
お酒飲めないのに、思わず買いそうになりました。


8b16fd84c249ba23d0d45f1a8955040a.jpg

8c1fd38f1ee0036b873b942f7639e49d.jpg


089909999c347e2091bc6a9240c91e9f.jpg


お寿司も350円、クレープ200円など。
●十年ぶりに綿あめ買ってしまいました。(大人の顔くらい、とても大きいです)


163f6cb2cc786e8478e4d728dbc3aff5.jpg


代々木町内会の皆さん、温かい♪雰囲気です。


e7d4efd3a29bf65fba1437ed49323e11.jpg


金魚すくいや、恋みくじ。


989fea73dae770d672e462f774ddfbc4.jpg



まだまだ、他にもたくさん見所があるのですが、このへんで終わりにします。


午前中の段階で相当な混雑具合ですので、
午後はさらなる人出だったと思います。

来年も行きたいです。
5月の第四日曜日がお祭りの日です♪

場所は、京王線では幡ヶ谷駅が最寄駅です。
私は初台方面から歩いて代々木郵便局、OKストア前の坂を下るルートで行きました。



このスポットの情報
スポット名 代々木八幡宮
住所 東京都渋谷区代々木5-1-1