※この記事は2014.04.15に作成された記事です。

東府中から、府中の森公園を通り抜けて

”府中市美術館”まで行く道のりには若葉がいっぱいです。

春の江戸絵画まつり ”江戸絵画の19世紀”後期が

4月15日(火)~5月6日(火)までの会期でスタートしました。

555566421fed88ef195951f39e7396ea.jpg

鎖国の中にあって、古くからの日本美術の伝統を守り続けながらも

19世紀の絵画は面白い発達を遂げたものなんですね。

鎖国は、海外との行き来を断ち

日本を島国の中に閉じ込めた、、、、

ずっとそう思い続けてきましたが

江戸ノベルスを読むようになって

そんな中でも、のびのびと生活していたんだなーとわかってきました。

画材や・画法や・表現の仕方が

海外ではぐんぐん進む中で、

日本は独自の発達をしてきたんだなーと思えるイベントでした。

遠近法に挑んだり、影をつけたり

今では当たり前のことでも、この時代には画期的なことだったのですね。

そして、なぜ今でも「北斎」のファンが多いのか

廻ってみてよくわかりました。

09c3dbb39d4b1a9e5e476adecc4aea0e.jpg

ミュージアムショップでは「北斎揚げ」が!!

北斎ゆかりの地の商品で、醤油味・塩味・和風カレー味がありました。

北斎の絵を転写したゴールドのタンブラーとスマホケース。

8f354397abd8fb7da4fd8211a3dffa64.jpg

この北斎絵の豆皿は欲しかったな。

93d8d5b744189a0ee52b3686b5218cdb.jpg

版木の現存しているもので、刷られた作品もありました。

3d7a8c0a36e6c5090ed5c7fb8b051bae.jpg

これは、なかなか手に入りにくいものだそうです。

北斎は、こんな絵も描かれているんですね。

84bd5ab061982897905e97ff77cf6671.jpg

GWがまもなくです。

お時間がありましたら、足を運んでくださいね。

詳しい情報は、HPで。

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/

&nbsp

このスポットの情報
スポット名 府中市美術館
連絡先 042-336-3371
住所 府中市浅間町1-3
定休日 月曜日(5月5日は開館)
営業時間 10:00~17:00