多磨霊園駅は、エスカレーターが設置されて

本当に便利になっていますね。

先に「東郷寺」に向かいました。

f3e1c8dd390df41433c342c271aade5f.jpg

この山門右手のシダレザクラは「名木百選」に認定されています。

確かに枝ぶりといい

その全体像といい、ずっしりと存在感を感じます。

8d924cceb8d8ded097ddb95ab292045c.jpg

葉桜になり始めていますが

観光客は引きも切らず訪れていました。

8852844a5f2c11d739322a0060cde43d.jpg

再び多磨霊園の駅に戻り、そのまま北上し

旧甲州街道・甲州街道を経て「多磨霊園南参道」に。

古木が両側に並びます。

7d21c87c2a61c5a02843997cb18e1a6b.jpg

春休みの子供たちが、乱れ散る桜の葉を

両手ですくおうと声を上げていました。

スマホで写している子もいる、小学生だよね。

4afa3916fa213b2c067a6ec05d5b508a.jpg

参道の枝たちは、シルエットだけ見ると

宝塚のラインダンスに見えてしまいます。

大正12年に設置された多磨霊園はここ。

65a101ac9348fe9a0f6620ca1942ce81.jpg

日本国内では初めて作らてたという「公園墓地」

桜並木もあちこちにあり、カメラを担いだ人たちが写し歩いていました。

40万坪の敷地の中をバスが走っています。

中には、住居標識のように今の居場所がわかる看板があります。

前来た時はこれなかったな。

e61b23286e98ccf255e4d8a835913093.jpg

先ほどの東郷寺の主東郷平八郎も

霊園に眠っています。

このスポットの情報
スポット名 東郷寺・多磨霊園