※この記事は2014.03.16に作成された記事です。

 去る三月八日、若葉台駅前の稲城市立iプラザにて、アニメなどで活躍するメカデザイナーの方々が一堂に会して業界のことを、ロボットのデザインのことなどを語り合う、メカデザイナーズサミットの第2回目が開催されました。

 稲城市といえばご当地キャラクター「稲城なしのすけ」梨というテーマは某ゆるキャラと似ていますが、こちらは稲城市在住の、機動戦士ガンダムなどのメカデザインをこれた大河原邦男氏のデザイン。  会場でもあちこちで出没していました。

 私も第1回から参加していますが、今回も参加しました。  今年は、前回まではホワイエでのエキシビジョンのような扱いであった、ロボットバトルを、正式なプログラムとしてステージの上での戦いになりました。

 ロボットバトル、大河原邦男氏のデザインしたロボットや、それに挑戦状をたたきつけるロボットが、ステージ上で戦います。  ヤッターマンに出てきた今週のビックリドッキリメカやガンダムや、もちろん「なしのすけ」まで、いろいなロボットが入り乱れて戦います。ヤッターマンの悪玉トリオはコスプレもキメていて、その独特の世界をステージで披露、客席も大いに盛り上がりました。  通常のロボットバトルでは、ミサイルとかロケットパンチなどは禁止されているとか、キャラクターものは制限されているとか、細かいルールがあるようでじすが、ここでは飛び道具OKで当たると1ダウンとれるし、うるさいことは言わないという心の広いルール。これも稲城市の懐の深さによるものだそうです。

 写真は、最後に全員で記念撮影。ドロンジョ様、写ってます。

 また、稲城市はメカの町というイメージ作りをしたい、ということで、ハイテク企業の製品展示もされていました。  ということで、来年も開催されそうですから、期待して待ちましょう。  稲城市のホームページなどで、宣伝されています。

このスポットの情報
スポット名 稲城市立iプラザ ホールおよびギャラリー・ホワイエ
住所 東京都稲城市若葉台2-5-2