※この記事は2014.03.02に作成された記事です。

幡ヶ谷の六号通り商店街に和菓子屋さんを見つけました。

683aa23f3746fb76f38323eeb7c6b2a2.jpg

ガラス戸には
「生どら 生クリーム入り有ります」
「バターどら はじめました」と書いてあります。

060d38b14b831ad6a7f17c9661310b7f.jpg

しかし、店内に入ると聞いたことのないお菓子を見つけました。他の和菓子屋さんでは見たことの無いものです。

「銘菓 アボヘボ」 1個 150円

39288a15721b1ea3958af1f0310872d9.jpg

変な名前です。
気になったのでこちらを買って帰りました。
ショーケースの中には、草もちなどの生菓子がありましたので、
ふつうの和菓子屋さんです。

奥から出て来られた御主人に「アボヘボ」について伺ったところ、
「アボヘボ」は世田谷の神社のお祭り行事の名前で、
それに関係のある縁起餅が「アボヘボ」。
御主人が作り始めたのは昭和50年頃で、材料を試行錯誤し、
こちらはお店オリジナルの「アボヘボ」とのことです。

 「アボヘボ」について、まだまだお話して頂けるようでした、
次のお客様が来たのでおいとましました。
とてもにこやかで優しいお店の御主人でした。

21b68bd12ba56308267088bcded8fb91.jpg

「アボヘボ」美味しかったです。
お餅が5個入ってました。麦焦がしときな粉が芳ばしいです。
黒蜜の無い信玄餅ですが、こちらは胡桃が入っていてザクザクして美味しいです。
沖縄県波照間産黒糖もコクがあって美味しい。
幡ヶ谷に住んでいた方には懐かしい味だと思います。
ちなみに賞味期限は3/7でした。
次回はバターどらを買いたいです。

 b078b6056aa76fce43d23a1497a1c4cb.jpg

このスポットの情報
スポット名 心庵 梅むら
連絡先 03-3299-4406
住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12