※この記事は2013.12.09に作成された記事です。

下高井戸駅からは2両編成のかわいいローカル線、世田谷線が出ています。 料金はどこまででも一律140円。 こちらに乗ると松蔭神社や豪徳寺、三軒茶屋などにも行けちゃいます。

そしてこのシーズンの目玉は世田谷ボロ市! 世田谷線の世田谷駅、もしくは上町駅から行けます! 道が分からなくても人の流れについていけば大丈夫(笑)。 最近はニュースなどでも頻繁に取り上げられ、 毎年20万人近くが訪れるそうです。 年々込んできているようですが、 お勧めは午前9時のオープンからの30分くらい。 この時間帯は比較的すいていて、昨年はすいすい進みました。 雨にもかかわらず、そのあとの時刻はかなりの混雑でした。 ねらい目の商品がある人は毎年開店と共に、 そこのお店に直行しているようです。

皮やカーテン、布地などのハギレ、手作り雑貨、靴、洋服、 食器、骨董品からもちつき用の臼と杵まで・・・。 ありとあらゆるものが売っていました。

また、ボロ市会場で販売される、 ここでしか買えない代官餅は毎年大人気で長蛇の列が出来ます。 私も昨年購入にチャレンジしようと思いましたが、 1時間以上かかりそうだったので途中で挫折しました。

市だけでなく、地元商店街の方が売っているお豆腐や食べ物など、 世田谷の地元を知るよい機会にもなります。

ボロ市は毎年1月15・16日と12月15・16日に行われています。土日と重なる日は特に混雑するそうなのでご注意を!

このスポットの情報
スポット名 世田谷のボロ市
住所 東京都世田谷区世田谷1丁目にある「ボロ市通り」 「世田谷線」世田谷駅・上町駅、徒歩5分
営業時間 午前9時~午後8時