※この記事は2013.12.01に作成された記事です。

街はぴライター ちびたさんの

竹灯篭の夜景を拝見して

私も行ってきました。

3265396497da33da43bc2d86c26445ca.jpg

入口をはいって、和紙と竹でできた灯ろうを足元に見つけ

”やっとついたわ”って感じ。

江戸時代、寿昌院という方が

徳川信康(家康の長男)追悼のために、松蓮寺をこの地に再建された。

その方が手植えされたと言う

寿昌梅。

梅の季節には、老梅ならではの趣をただよわせてくれます。

この、寿昌梅に登る階段がうまく利用されて

竹灯籠が並んでいました。

6bf82a58a244e2d29dc3ce92a38bbd98.jpg

詳しくは、京王百草園のHPでご覧下さい。

よく見ると

千羽つるなどもあります。

e83a2fa2de55070d0cc179c0a99f0096.jpg

園内の竹を使ったとあっても

これだけのものを準備するのは大変な作業だったろうなーと。

紅葉と竹灯籠、新しい観光スポットになりましたね。

d964af1754e066aeb8c4ebe03d7fb6be.jpg

見晴台に行ってみました。

おー!

東芝府中のエレベーター塔が!

2e11a697479b311b843d33dd5eb1d116.jpg

その左側に、スカイツリーが!

その奥に筑波山がうっすらと。

スタンプラリー最後の場所でしたが

来てよかったなーと思いました。

このスポットの情報
スポット名 京王百草園
住所 日野市百草560
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始
営業時間 9:00~17:00 11月12月は16:30まで