※この記事は2013.11.26に作成された記事です。

11月24日(日)の京王百草園の様子です。
eee9dc1519e5abcf7645afaa50e5ddee.jpg
夕方から開催される「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」のため竹細工が出迎えてくれます。

「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」の時間になるとこの場所がこんな感じになります。
bee3a028b4d79542bf45e811eac6bd4a.jpg
宵の口の様子は後半にして、まずは午前中の園内の様子です。

この日はまさに紅葉が見頃、園内のいろいろな場所でモミジが燃えていました(笑)。
c3ae38949139f6a6fe28beb2c241decf.jpg
この日、一番の燃えるモミジはこれでした。

そして心字池に映る紅葉の様子。
9d29929a2dc79cece29420c72bca9016.jpg
この日は水面が少し濁っていて残念でしたが、ここからの眺めはとてもきれいです(実は新緑の頃もお勧め)。

これは茶室そばのオオサカヅキ。瓦屋根と並んでいい雰囲気でした。
3f2d653ea39b42715f86f4594b203c8a.jpg
茶室の場所とオオサカヅキを下から見上げたところ。
0fbc935d8c07e26db4afe00f00e9e8cd.jpg
このあたりのは竹林になっていますが、竹灯籠はすべて園内の竹を利用しているとのことです。
ad6bb53a0e78d2c0eb635c58358516e8.jpg
ここの場所が「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」のメインになります。
e9813bb527d2451b476504348daed72a.jpg

夕方に再度訪れて見るとこんな感じになっていました。
38946e3a56d7a5a0e22a5d8be15e5950.jpg
灯篭の灯りがやわらかいですね。
de724083b41a047463f88dbf5de00cd1.jpg

茶室そばのオオサカヅキもきれいにライトアップされています。
6a4255e3d62c5c9b0d86d5979c34bcaa.jpg
今年はここにライトアップされた番傘が置かれていなかったのが少し残念です。
下から見上げたところもこんな感じになっています。
8c8b9107ad25fb06f3a5d90369926f33.jpg

正門の階段をあがって、まっすぐ寿昌梅の前にあがる階段にもたくさんの竹灯籠が並べられていました。
94723c803326d6eef5b70b7a4e2720b4.jpg
思わず上からボーリングの玉を転がしたらどうなるかなぁ?なんて考えてしまいました(笑)。

京王百草園の「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」は11月30日(土)と12月1日(日)にも開催されます(午後4:30から午後7:30、入園は7:00まで)。
紅葉も今まさに見頃になっていますので是非訪れてみてはいかがでしょうか。

今回は昼の部と夜の部を1つにまとめたので長くなってしまいました(汗)。

このスポットの情報
スポット名 京王百草園
連絡先 042(591)3478
住所 日野市百草560
定休日 水曜日 (祝日の場合は翌日、年末年始12 月30 日~ 1 月3 日)
営業時間 午前9:00 ~午後5:00 (11 月・12 月は午後4:30 まで)