※この記事は2013.11.25に作成された記事です。

隠れた名店なんて書くと、怒られちゃうかもしれませんが、府中では以外と古く、
線路ぎわの北側にカウンターのみ7人くらいしか入れない、小さなというかとても狭いお店です。
1人では入れても2人だと座れなかったり、歩くスペースもなく、難儀する場合もあります。

dfdce35659471ec09644f5a5b7839852.jpg

深夜までやってるせいか、特に飲んだあとには、サクッと寄りたくなるシンプルな和風っぽい、
どこか落ち着く、そんなラーメン屋さんです。

定番は、600円の中華そば、ストレート細麺のオーソドックスなものと言って澄んだ醤油のスープではなく、
豚骨ベースのネオ東京ラーメン?の部類に入るのかな?
ここの個性は「鳶に油揚〜」よろしく、油揚げが具材に乗ります。さらわれないように注意しましょう(笑

ef7b2ba13dfa12059dc0a9abfb76e3b4.jpg

でも先日は、目に飛び込んできた、メニュー真ん中ほどの「辣そば650円」
カウンターの脇には、「標準、2倍、3倍」と辛さを好みで選べる。予備知識もなく想像もつかない。
いきなり2倍など怖くて頼めません。標準の1倍でもとても辛いようなことが書いてありました。

f16c9f47a2a7ec5e440312bee1530e9d.jpg

運ばれてきて、ちょっと引いてしまいました。結構真っ赤です(汗
一味唐辛子も大きめなのがバラバラとたくさん・・・う~ん、辛いカレーは得意だが、
こういうモロ赤なのは得意じゃないかも(泣。スープを飲んでもピリピリ来ます、結構辛いぞ~
でも、ベースの豚骨スープがやや濃いせいか、油分がうまく包んでくれる。
こってりの旨味に、追いかけてくるビリビリ。なかなか合う、美味い。
辛さを和らげる叉焼や麺はあっという間になくなり、スープも飲めちゃう。
やめればいいのに8割方飲んでしまった。お店を出ても唇もヒリヒリするが
寒くなって来た夜、薄着でも汗をかいたが、思ったよりダメージない。
さすが「とんび」、やるじゃないかと思ったのは夜まででしたw。

505cab88a2aab1990d1025f544f33642.jpg
(少し前、秋の限定松茸ご飯のメニュー)

そうそう、新宿北の方には、姉妹店「モモンガ」があります。
こちらは、煮干しや濃厚海老のラーメン。これもまた食べたくなりました。

(翌朝、ちょっとツラかったことは、ここだけの内緒です。汗)

↓これは、前に食べた定番の中華そば。たまに食べたくなります。
以前は、始発が走る頃「朝ラー」をやっていましたが、今はやってないみたいです。
592eeacb208e158e74477cf820259ead.jpg

このスポットの情報
スポット名 中華そば とんび
連絡先 042-334-7771
住所 府中市府中町1-5-6
定休日 無休
営業時間 月~土 11:30~25:30 日・祝 11:30~24:30