※この記事は2013.11.16に作成された記事です。

久しぶりに週末がいい天気になったので、11月9日(土)から紅葉まつりが開催されている京王百草園まで散歩して来ました。
4dc5f7c193b8c4f32e883ae8166ccd3a.jpg
京王百草園の駅からこの門に到着するまでには、これを登るの?というぐらいの急坂があります。
そのお陰で寒い冬でも身体はポカポカになります。この日は小春日和だったので、額に汗が(笑)。

4160fda7d142128b679816c039553d58.jpg
お休み処には菊が飾られていてとても秋らしい落ち着いた雰囲気。

0e8765e0d72fb42fe4249aad06794630.jpg
園内の紅葉はかなり色付いて来ています。
e92ca964cb17b3e3f9f7eefa4bf3c0be.jpg
日射しを浴びてきれいに輝く紅葉。

0916acc42e5402e26fd56c98765ed13b.jpg
日影に入っててしまって写真の色があまり良くないですが、茶室そばのモミジ(オオサカズキ)は、回りのモミジよりも少し色付きが遅れている感じでした。

紅葉まつり開催中はいろいろなイベントが企画されています。
7cbcce6a2bd64040fe5fc11c919e0578.jpg
この日はお茶会が開催されていました。

毎年私が紅葉まつり期間中で一番楽しみにしているのが、「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」。
手作りの竹灯籠に明かりが灯り、紅葉もライトアップされて幻想的な園内を見ることができます。
4122f55726dcbc96d673e45ce21bc44c.jpg
この日はちょうど手作り竹灯籠が製作されているところでした。
138841fea8c27285f143e7f97f870d90.jpg
この竹灯籠に1つ1つ明かりが灯ると、とてもきれいでちょっと落ち着く光景になります。

今年はまだ来週前なので、昨年の竹灯籠の様子を少しだけ。
d7afd39776d7b479f2962a47bb568d76.jpg
(これは昨年11月の様子です)

茶室そばのオオサカズキもライトアップされてすごく鮮やかに見えます。番傘の演出もいい感じです。
518d81ce723c96d2dc6c767624d37410.jpg
(これは昨年11月の様子です)

今年の「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」は、11月23日(土・祝)、24日(日)、30日(土)、12月1日(日)が予定されています。
紅葉まつり期間中の催し物の情報はこちら

この時期は太陽が低く、午後になると山の影になってしまう場所が多いため、紅葉を見る場合は午前中に訪れることをお勧めします。

なお、京王百草園は駐車場がないため駅から歩いて訪れることになります。
自家用車で来た場合でも川崎街道にあるコインパーキングに止めて歩くことになり、途中にかなりの急坂があります。
急坂を登るのが大変な場合は、聖蹟桜ケ丘駅又は高幡不動駅からタクシーが便利です(百草園駅前にはタクシー乗り場がありません)。

紅葉の見頃は、ちょうど「竹灯籠と紅葉鑑賞の宵」の頃かもしれません。


このスポットの情報
スポット名 京王百草園
連絡先 042(591)3478
住所 日野市百草560
定休日 水曜日 (祝日の場合は翌日、年末年始12 月30 日~ 1 月3 日)
営業時間 午前9:00 ~午後5:00 (11 月・12 月は午後4:30 まで)