※この記事は2013.06.18に作成された記事です。

6/1に案内地図の楽しみ、 http://inada.happy-town.net/t_culture/00016832.html という記事をアップしましたが、続編です。

京王稲田堤駅は、東西に走る線路を道路に挟まれており、両端に改札があるという、沿線では珍しい形の駅です。 前回は東の端にある案内地図でしたが、今回は西側の端にある地図。東西で駅の景色はかなり変わりますので、地図の内容もかなり変わります。

JR南武線と直角に交わっているからこその、複雑な街の構造ですね。

6/1記事の地図は駅の東側を描いていたわけですが、 駅の内西部中心に描いた1枚目の地図を見ると、「畳店」はどちらにも掲載あり。 案内をのせるお店の営業方針も垣間見えます。

2枚目の地図は、住宅地図を拡大した上で、お店のシールをセロテープで貼っているようです。 手作り感があふれています。

3枚目の地図は、駅の南西部分にフォーカスして、京王スーパーからJR稲田堤駅への乗換通路のお店の並びがよく分かります。 ただ、お店がかなり変わっているのにこちらの地図はアップデートされていませんね。 それもまた、商店街遺産、保護すべき記憶遺産なのかも知れません。

ということで、案内地図の楽しみ、まだまだ続きます。

このスポットの情報
スポット名 京王稲田堤周辺