※この記事は2013.01.03に作成された記事です。

 あっと言う間に三が日の最終日。今日は、府中駅へとやって来ました。

 お昼時だったので、南口からほど近い博多ラーメン「長浜や」へ。ユニークな黒博多ラーメンをいただきましたが、カウンター席で両隣のお客さんと肩を接する感じだったので、写真はナシです。

 満腹になって外へ出ると、大國魂神社への初詣客がうねりのように右から左から。境内は、入口まで人があふれています。人混みが苦手なワタクシは、敢えなく退散しますが、皆さん元気いっぱいですねえ。

 市街地を東へ向かうと、駐車場待ちのクルマが延々と伸びています。マイカーで初詣なのでしょうか。行列の好きな方が多いのですね。待っている時間がもったいなくないのかなあ。ちょっとびっくりしちゃいます。

 裏道へ入って府中競馬正門前駅を目指してみましょう。「京所道(きょうずどう)」という案内板を見つけました。由緒ありそうな名前ですが、武蔵国府の置かれた時代からつながっているのでしょうか。今度、調べてみたいと思います。

 お正月で競馬が開催されていないので、駅はひっそり。広い駅ホームはTVCMに使われることもあるようですが、お店もチャージ機もシャッターが降りています。

 やって来た電車は、お客さんゼロ。都営新宿線からわざわざ遠くまでアルバイトに来ているのに張り合いがないですけど、去年も同じでしたからね。

 貸し切りのまま、東府中へ運ばれました。乗客は一人でも、きちんとアナウンスする車掌さんはさすがです。