今年3月に新規開店した支那そばへいきち。 場所は、南平南口を出て、博多とんこつ家二代目十兵衛を右横目に真っ直ぐ突き当たる処。徒歩1分弱。 道は、ちょっとだけ左に反れてまた線路を徐々に離れながら続く。 昔はパルピンという中華屋さんで、しばらく空き店舗が続いたが、今年ようやくラーメン専門店「へいきち」がオープン。 これをきっかけに4店舗空きが並んでいたが、つぎつぎと新店がオープンしている。

それはさておき、支那そばだ。 へいきち本店は三重県にあり、忠実に現在のラーメン原形である江戸末期の「支那そば」を再現したとのことが書かれている。

注文時、支那そばのめんを選べ、通常麺か極細麺の説明を聞いて極細麺を選択。あとライスを追加。

運ばれてきた支那そば、そこで「チャーシューがコラーゲンたっぷりの部位なんで、ライスに合いますよ。」とジャブを打たれる。 透明度の高いあっさり醤油スープをなみなみと、ネギいっぱい、チャーシュー縦切り3枚並べ、メンマは上に配置する。 シンプルです。 シンプルで在るがこそ、この奥深い味わいの、この逸品。飲むほどにボディブローのようにだんだん効いてくる。 690円の高めの値段も、ライス50円でしば漬け付きと合わせれば、それほど高いとは思わなくなってくる。 そして、前回のらーめん蛍といい、ここも女性店主です。 あとから入店したおじさんの、いかにもという常連さんの振る舞いに、我に返りノックアウトはまぬがれたようだ。

最後にメニューを 支那そば 690円(通常麺、極細麺) 大盛り  750円 ライス   50円 トッピング ねぎ、チャーシュー、メンマ オール100円 これだけです。

このスポットの情報
スポット名 支那そばへいきち 東京日野店
連絡先 042-507-7475
住所 東京都日野市南平7-17-55
定休日 水曜日
営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00 (限定100杯)