※この記事は2012.10.20に作成された記事です。

幡ヶ谷駅前を歩いていたら、気になる看板を発見。

「7 CAFE ナナカフェ 」

6b0d9f55300cf4a147e5e10cd761ca11.jpg      

平日ランチ770円だって。 価格的には悪くない。

その日は別の店に行こうと思っていましたが、美味しそうな写真につられ、予定変更♪

67f7f4c5b57a9c49e6160b8e6b0aa309.jpg

店内はカウンター席とテーブル席が少しのこじんまりした空間。

ジャズが流れ、カウンター席には本が並び、

お客さんが少なかったせいか、とても静かな時間が流れています。

c0cece607e550136320496c5a6dbf589.jpg

d4e70c4cf52cc9fc80a788e4a36092ac.jpg

本のジャンルは、手塚治虫や藤子不二雄の漫画系から、森鴎外、三島由紀夫といったものまで

バラエティに富んでいます。

コーヒー片手にゆったりと過ごせそうな感じですね。

それもそのはず、ここはコーヒーに力を入れているみたいです。

「フレンチプレスを使用して、ゆっくり抽出しているので、オススメですよ」と店主の女性。

確かにいただたチラシにもこだわりが書かれていました。

コーヒー豆も、国際品質コンテスト受賞したものを使用しているようです。

54cbeb6dc5131a80f8c0d4617d2b80bc.jpg

896f80284a1bb90c491b69394cb2d575.jpg

また、壁に、「オトナ珈琲(R-20)」650円 という文字が。

″ラム珈琲″ や″梅酒珈琲″など、お酒が入っているようです!

こんなこだわりがあるというのに、私ときたら、コーヒーアレルギー(?)なので、飲めないのです(*_*)

なので、コーヒーの味をお伝えすることができません。スミマセン。

ランチは、2種類から1つを選択する方式。

ポークのチキン巻き トマトソース~ハーブの効いた蒸しソーセージ風 サラダ&副菜添え~ をチョイス。 

ポークをチキンで巻く、つまりニクonニクというのが、肉好きの私の心を捉えたのでした(笑)。

ちなみに、もう1つは野菜スープのようなものでした。

b011bd239c909b63290fe2be748cf643.jpg

ポークもチキンもあっさり。確かにソーセージのような味わいでした。

美味しいのですが、ちょっと塩気が強かったのが残念。

トマトソースがあるので、お肉の塩気は必要ない気がしました。

たまたまだったのかと思いますが・・・・・・。

ランチの時は+100円でコーヒーを +200円でハーフサイズケーキを追加可能です。

今回は時間がなく、ケーキを頼みませんでしたが、

次回は、ケーキと コーヒーではなく、紅茶を頼んで、

本でも読みながら、ゆっくりまったりしたいなぁなんて思いました。

このスポットの情報
スポット名 7 CAFE ナナカフェ
連絡先 非公開
住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-1 平沼ビル102
定休日 火曜日
営業時間 12:00~21:00