※この記事は2012.10.14に作成された記事です。

 秋の日曜日。東京競馬場へと足を運んでみました。折しも、今は秋競馬のまっただ中。東京競馬場では、11月末のジャパンカップまで毎週末にレースが開催されています。昨秋から始まった「京王線に乗って秋の東京競馬場へ行こう!」キャンペーンは、今回で三回目。東府中-府中競馬正門前を往復する電車に専用のヘッドマークが掲げられていました。

 200円の入場券を買ってゲートをくぐります。広い場内には、とにかくたくさんの人、人、人。競馬命!といった雰囲気の方々も多いですが、家族連れの姿が目立ちます。

 地下通路をくぐって馬場内のスペースへ行ってみました。子どもたちが喜びそうな遊具や芝生の広場があり、目の前を競走馬が走っていくのは迫力満点!

 メインスタンドを中心に飲食設備は豊富に揃っていますし、外の空間にもベンチが多数。大勢の親子がくつろいでいます。何より、ゴミ箱がどこにでもあるのが助かりますよねえ。

 時折小雨がぱらつく肌寒い一日でしたが、たとえ馬券を買わなくても充分に楽しめるレジャー施設だなあと実感したのでありました。

このスポットの情報
スポット名 東京競馬場