※この記事は2012.08.04に作成された記事です。

 調布駅周辺地下化切り替えまで、あと半月。京王線と相模原線の上り電車によるダイナミックな同時進入も間もなく見納めになるとあって、調布駅ホーム西端には鉄道ファンのギャラリーが増えてきました。

 とそんな様子を見ながら、各停に乗って一駅。地下化と同時に現在の仮駅舎が姿を消す布田に降りてみました。

 駅西側の道路を真っ直ぐ南へ進んでみましょう。セブンイレブンが正面に近づいたあたりで右折します。すると、今までの住宅街からちょっと様子が変わって、左手には農地が広がり、右手にはこんもりした雑木林が近づいてきます。

 この雑木林を含む一体は、国指定史跡の下布田遺跡なのだとか。ちょっと先には、調布市郷土博物館分室の建物があります。縄文時代後期のこの遺跡から出土した土器が展示されているそうですが、土日祝休館なのでちょっと見学しづらいですね。

 遺跡跡の段丘は、散策可能になっています。多摩川沿いには多くの遺跡が残っているようで、先人の暮らしぶりに思いを馳せつつ、現代に生きるありがたみを感じるのも一興ですよ。

このスポットの情報
スポット名 調布市郷土博物館分室
連絡先 TEL042-481-7651
住所 調布市布田6-61
定休日 土日曜祝日・年末年始(12/29~1/3)
営業時間 午前9時~午後4時