※この記事は2012.05.06に作成された記事です。

今年も見てきました。

ゴールデンウイークの最終日なので鑑賞する方が多いかなーと心配していましたが

ちらほらという感じで

ゆっくり見ることができました。

911c4c40013a78fbabae54305d856de7.jpg

樹齢は400~500年と推定されています。

徳川家康が江戸に幕府を開く前からあるということでしょうか。

毎年忘れずに間違いもせずに、咲く姿は

いつも世の人の心をつかんで魅了してきたものでしょう。

         5c3ebad32479d4ac8fa35597a12f5e19.jpg

藤の魅力ってどこにあるのかなー。

グラデーションを作りながら淡い色が少しずつ濃くなっていく。

それはやはり日本画を見るような思いです。

歌舞伎にも表れ、古典にも出てきて、その色は日本人の心をつかんで離しません。

725cace8a41dfcaefb2e5f578a6214cb.jpg

もう一つ、これはこじつけかもしれませんが

藤は、富士山の富士につながるのかしら。

かなり遠くからも眺められる憧れの山。

でもなかなか登りつめることはできません。

憧れを藤の花に託しているのかなー。

d9b2ad955114c3b53e2639afb2e04d61.jpg

千年の藤は、調布八景のひとつになっています。

今年は親木のてっぺんまで見ることができました。

fd2ad210569c4e8b50269d2817e3c34d.jpg

まだ華麗な饗宴は続きます。

✾✾

このスポットの情報
スポット名 國領神社
住所 調布市国領町1-7-1