※この記事は2012.03.04に作成された記事です。

ご存知の通り、調布には、鬼太郎バス(ミニバス)が走っていますが、

最近、調布駅北口から出発する「北路線」で、

新しい薄いピンク色の鬼太郎バスを見かけるようになりました。

6b2c252cff8b09ad64b96d3c427c72c3.jpg

こういう色、私は大好き!

調布駅を出発するミニバス路線は2つ。

調布駅南口-飛田給駅北口(西路線)を走る「鬼太郎バス」は、

青とペパーミントグリーン。

この西路線は、調布駅南口より南下し、京王多摩川の駅を通り、

調布五中のそばを通って、飛田給小学校を通り、飛田給駅に北上します。



 

そして、調布駅北口から出発する北路線。

北路線は、今まで、黄色と濃いピンクの2種類でしたね。

調布市ミニバスの北路線は、今までは、「柴崎折り返し場」まで行って、調布駅に戻っていたのですが、

2012年1月からは、

さらに北の、「上の原小学校」を通り、「晃華学園東」を北へ、「野ヶ谷」を通り、

なんと東八道路まで行って戻ってくる、というコースに延長されました。

詳しくは、HPでご確認くださいね。 ↓

調布市のHP(ミニバス、コミュニティバス)

 

ちなみに、料金は、大人200円、子ども100円です。

黄色と、濃いピンクの鬼太郎バスの画像は、こちらの記事で載せました。

 ↓

鬼太郎の街、調布(ゲゲゲの鬼太郎特別住民票)

**

2007年8月に私が街はぴライターになって初めて書いた記事が、鬼太郎バスの記事でした。

  ↓

乗り物好きのお子さんに!「鬼太郎バス」


2007年に鬼太郎バスの記事を書いたときには、想像もしなかったのですが、

その後、2010年3月末から、NHKテレビの朝ドラで、

  「ゲゲゲの女房」(調布市在住の水木しげるさんの奥様のお話)

が放送されて、

それ以来、鬼太郎のキャラクターは、調布市にとって、

以前よりずっと大切なものとなりました。

うちの息子も、鬼太郎(と、水木しげるさんの妖怪の絵)が大好きです。

このスポットの情報
スポット名 調布市ミニバス(コミュニティバス)